デジタルデンティストリー
ホーム > 審美補綴物の種類

審美補綴物の種類

ここに紹介している物以外にも、様々な詰め物や被せ物の種類があります。新しく出たものが必ずしも良い物ではありません。2〜3年で消えた物もあります。ここで紹介している物はこれから先も継続して治療に使用されると思います。特にデジタルの場合には新しく材料が開発される可能性はあります。
製作方法により材料を分類することが出来ます。@アナログ(手仕事)だけで製作する物には金属のクラウン、ハイブリッド・クラウン、セラモメタル・クラウンがあります。Aデジタルとアナログを組み合わせて製作する物には、オール・セラミック・クラウン(ジルコニア・レイアリング)が挙げられます。Bデジタルだけで製作する物には、ジルコニアが挙げられます。Cアナログでもデジタルでも製作することが出来るのがe.maxです。@Aは1〜2週間の製作期間がかかります。Bの場合にはワン・デイ・トリートメントが可能です。Cはデジタルを選択すれば、ワン・デイ・トリートメントが可能です。よってワン・デイ・トリートメントが可能な物は、ジルコニアとe.maxになります。
 審美性に関しては、詰め物にはe.maxの選択が良いと思います。また耐久性を重視する場合にはジルコニアの選択もあります。前歯の被せ物で前歯1歯単独では、ジルコニアにポーセレンを築盛したオール・セラミック・クラウン(ジルコニア・レイアリング)が自然な審美性を表現できます。ジルコニアでのUTML (Ultra Translucent Multi Layeredクラレ・ノリタケ・デンタル)やe.maxでも前歯部に使用することが可能です。ブリッジや奥歯に使用する場合には、ジルコニアは曲げ強さが高く、破折や欠けなどを防げるのでお勧めです。使用する材質は患者様の御希望、咬合状態、経済性などを考慮に入れてご相談させて頂きます。


図1 歯の一部を修復する詰め物です。@は保険の銀色の詰め物、Aゴールドの詰め物、Bジルコニアの詰め物、Ce.maxの詰め物です。

図2 ラミネート・ベニアによる治療です。左は歯の表面を薄く削っています。右は薄いジルコニア製のシェルを歯に接着することで歯の色や形態を修復します。

図3 今まで前歯部に使用していた被せ物の種類です。現在はジルコニアだけのオールセラミッククラウンも加わりました。@硬質レジン前装冠ABセラモメタルクラウンCe.maxクラウンDe.maxのコーピングにポーセレンを築盛したオールセラミッククラウンEジルコニアのコーピングにポーセレンを築盛したオールセラミッククラウン

図4 今まで前歯部に使用していた被せ物の種類で、裏面から見た状態です。

図5 @金銀パラジューム合金のクラウンAゴールドのクラウンBハイブリッドクラウンCセラモメタルクラウンDe.maxクラウンEジルコニアクラウンFジルコニアのコーピングにポーセレンを築盛したオールセラミッククラウン

図6 今まで臼歯部に使用していた被せ物の種類で、裏面から見た状態です。

図7 インプラントの被せ物にもデジタルを使用して製作することができます。


従来の治療方法デジタルによる治療方法デジタルで使用する材料審美補綴物の種類デジタル治療の利点デジタル治療の欠点治療ステップお問い合わせ

Digital Dentistry

監修 中川歯科クリニック
〒107-0061 東京都港区北青山3-10-9 川島ビル 3F
TEL/03-3486-6480

Copyright Nakagawa Dental Clinic All rights reserved.